ジョンソン奥様のブログ 妻の目線から

スポンサーリンク

開幕戦の後にすぐカーリーさんがブログを更新されたのですが、今回の記事を読んで泣いてしまいました。

確かに開幕戦のジョンソンはいつもとは違ってました。

というよりは、今までみたことがないくらい良くなかったです。

でも、1年を通していい時も悪いときもあるのは当たり前です。

前年、ジョンソンがいなければ優勝できなかったし、優勝に多大な貢献をしてくれたのはジョンソンです。

3年契約をしてくれたジョンソンをこれからも精一杯応援していきたいそう思いました!

次回はジョンソンらしいピッチングができますように。

今回の記事はとてもセンシティブな内容で訳すのに慎重になりました。

カーリーさんの真意がちゃんと伝わるように誤解のないように訳せてたらいいのですが・・・。

Through The Eyes Of A Wife

Let me start with saying yesterday didn’t go too well. It was opening day for the Carp and it rained all day long and was in the 30’s at game time. It was an off day for Kris, and if yo…

[2017年ジョンソン記事目次]

Happy New Year
3年目の日本
広島ドラゴンフライズの試合
着物のファッションショー
妻の目線から
2017年日本で祝うイースター
デートの夜
海の中道海浜公園
USJミニオンパーク岡山城と後楽園

スポンサードリンク




2016年のカーリーさんのブログ和訳記事の目次

妻の目線から

昨日の試合はよくなかったわ。

開幕戦で1日中、雨が降っていてクリスには、ついてない日だったの。

ここのブログをみてくれてる人にはわかると思うけど、こんな日はめったにないのよ。

ホームでの開幕戦だったので2倍のつらさがあったわ。

今日はちょっと話題を変えて、プロスポーツ選手の妻というものがどんな感じなのか

私の考えとか、私や他の多くのプロスポーツ選手の奥様たちが、どんな気持ちで夢を叶えようと奮闘している愛する人を見守っているのかを書いてみたいと思ってるの。

スポンサードリンク



初めてクリスに会った時、私は投球数が何なのかも知らなかったし先発が何回まで投げるべきなのかとか、ピッチャーが4,5種類の球種を投げることも知らなかったの。

野球に関して全くの無知だったの。

野球の試合に応援にいくのも、綿あめとホットドッグ目当てだったし、地元のチームが勝ってると応援するし、負けてると興味がなくなるしってそんな感じだったの。

でも、クリスが私の人生に現れてからすぐに野球が私の世界そのものになったの。

野球はストレスがたまるものよ。

どれくらいの人が野球を観ながらカウントが増えるたびに、または2打席連続で三振にうちとられるのをみて緊張で神経が擦り減りそうになるかしら?

クリスと付き合い始めた1年目、すぐに野球の試合には別の側面があるんだと気づいたわ。

グランドに立つ全ての選手に家族がいて、彼らを応援している。

そして調子が悪い時には家族は神経をすり減らす思いをしているのよね。

私たち選手の家族は、選手が試合でうまくいかなかった時には、ひどく怒られるんじゃないかとかシーズン途中でトレードに出されてしまうかもしれないとかそんな心配をしてるの。

チームが負けてる時、ファンが私たちの愛する人に野次を飛ばしているのを聞きながら、ただ座ってるの。

ノーアウト満塁の時に歩かせたりするのをみて、このまま最後まで試合中にヒットがでなかったらどうしようかって気分が悪くなるのよ。

前半に投球数が早く増えていって、7回まで投げるところを4回で降ろされたらとか、調子が良くない時は、一瞬一瞬にヒヤヒヤしながらいてもたってもいられなくなるわ。

本当にナーバスになって、ストレスをいっぱいに抱えて、でも自分ではどうすることもできないの。

昨日、私はマウンドに走っていって彼にジョークをいって笑わせたいって思った。

気持ちを落ち着かせるためにハグをしてあげたかった。

愛してる。

いつだって私があなたの一番のファンだからねって彼に伝えたかった。

でもそんなことはできないから、大事な人が、沢山の人のいる前でもがき苦しんでいる姿に泣きたい気持ちで、ただそこに座ってることしかできなかったの。

みんなにどんなことを言われてるのか知るのがこわくて、SNSも開けないのよ。

スポンサードリンク



でも、いいこともあるのよ。

それは私が今話したようなことを上回るようないいことよ。

完封したり、ノーヒットだったりしたときとか味方がホームラン打ったりしたときとか、5打点とったときとか。

満塁を0点で抑えたときなんて、立ち上がって叫んで拍手してハイタッチしたりしてね。

9回最後に勝ってグランドにみんなが走り出していくときとか、夫が日本で最高のピッチャーであると賞をもらったりしたときとか・・・

街から街へ愛する人と共に人生のアドベンチャーを楽しんだりね。

多くのことが、ストレスな瞬間を上回るのは確かよ。

でもね、そんな日々が辛い日々を帳消しにはしてくれないのよ。

自分がどんな気持ちでいるかをみんなに少しでも感じてもらうことができたらなと思って今日この記事を書いたの。

クリスが登板する日は朝起きたら私もクリスと同じように覚悟を決めるの。

彼が試合に行く前にリラックスして落ち着いているかをちゃんと確認しておきたいの。

ストレスを抱えてイライラしてないかなってね。

何よりも彼には、私の中で彼が1番だってことを知っておいて欲しい。

試合が思ったような結果にならなかった時でも、安らげる場所があること私が計り知れないくらい彼を愛していること、わかっていてほしいと思ってるの。

これが私たちの人生。

決して変わることのない私の気持ち。

読んでくれてありがとう。

カーリー