私の描く理想の優勝の瞬間

スポンサーリンク

理想の優勝の瞬間

私が理想とする、優勝の瞬間というのがあります。

それは、試合が終わった瞬間にキャッチャーがピッチャーのところに駆け寄りがっちりと抱き合うのです!

そして、それに続いて選手たちが飛び出してきて輪を作るというのもです。

一番の理想は、1986年のリーグ優勝を決め、達川と抱き合って喜ぶ津田さんのこういう感じです!

「かっけぇぇぇ~~~!」

抱き合うっていうより、もはや抱きかかえています。

「男だね!津田さん」の瞬間

2016年の優勝の瞬間

去年、優勝したとき、そのような瞬間を期待したわけなんですが・・・

 

結局、こんな仕上がり・・・

ちょっ!おもいっ!

「ザキ、思ったより重かった」の瞬間

2017年の優勝の瞬間

2017年こそは!!!

試合終了・・・あれ?2人の姿が見えないよ~。あっという間に選手に囲まれて二人の感動的なシーンはみれず・・・

ていうか・・・

「ザキ、こっち向いて~」の瞬間

結論

なるほど・・・。色んな条件が重ならないと、なかなか理想の瞬間を目にすることはできないのですね。

最後に三振で打ち取れば、理想の優勝の瞬間・・・キャッチャーとピッチャーががっちり抱き合うという場面に移行しやすいけど、後ろで野手の方が捕球するのを待ってゲームセットになると、その瞬間ピッチャーも後ろをみているので難しい。

試合が終わった瞬間に、選手が大勢飛び出して囲んだら、キャッチャーとピッチャーが、もみくちゃにされてそれどころじゃないし・・・。

なんだか、難しい。

あと、それにあれだ・・・抱えるにも限度があるってやつだな。

2018年の優勝の瞬間に期待!

↓↓応援よろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーリンク

フォローする

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ