「カープはもっと強くなる」を読みました

スポンサーリンク

「カープはもっと強くなる」

遅ればせながら、廣瀬純さんの「カープはもっと強くなる」を読みました。

去年まで16年間カープの選手として過ごしてきて感じたことや、また自分の生い立ちから入団するまでのことなども詳しく書かれていました。

廣瀬さんの自伝のような本でした。

あまり内容を書いてネタばれしてしまうといけないので、少しだけ感想を書きたいと思います。これから読もうと楽しみにされている方はスルーしてくださいね。

で、どうやったらカープはもっと強くなる?

タイトルは、カープはもっと強くなる?ですが、あまりそのことについて触れていません。

でも、廣瀬さんが言いたいのは、野球は厳しい世界で生き残りをかけた男の戦いだけど、つまるところはチームプレーなのでみんなが同じ方向を向き、また目標に向かって一丸とならないといけないということだと思いました。

リーグ優勝ができた2016年と2017年はまさにそれがカープの中でできていたのではないかなと思います。

一方で、黒田さんはカープがもっと強くなるためには、仲良しこよしはやめて、もっとハングリー精神をもって自分は!と前にでろ!俺がリーダーだと引っ張っていく人がいないとだめだ!というようなことを言われてましたね。今のカープは仲が良すぎると・・・。

ここ数年のカープは本当にみんな仲が良いんだなっていうのが確かに伝わってきます。

前はもっと個人主義で、ギスギスしてたイメージがありました。

どっちの言うことも解るんですが、私は今の仲が良くて雰囲気のよいカープが好きです。

仲が良いから、情報を共有しあえたり失敗をフォローしあえたりするんじゃないかと思います。

やっぱり、中崎はプロフェッショナルな男だった

廣瀬さんが本で書いていた中崎評が私の中のイメージと一緒だったので、やっぱり中崎はすごいなと思い嬉しくなりました。

色々、中崎について語りたいですが長くなるのでやめておきますが・・・。

結局、カープが強くなったのは

優勝した時には、その年に活躍した選手に勿論注目が集まるのは当たり前なんですが、廣瀬さんのような選手がカープの優勝に大きく貢献されていたのだとわかりました。

後輩への指導やアドバイスを率先しておこないカープのチームの雰囲気を変えてくれたんですね。

引退の時に菊池が号泣していたのも、うなずけます。

これから、カープはもっと強くなる!

↓↓応援よろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

いい本なので、まだ読んでない方は是非♪

スポンサーリンク

フォローする

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ